previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

開発コンセプト

日本で古くより生活の中に使われてきた塗料が「漆(ウルシ)」。保存性能も高く伝統工芸にも使用されますが、現在では仕上がりの風合いが似た 「カシューウルシ」が代用として多く使われています。BIDOOR(ビドー)では独特の柔和な質感による「手触りの和」やウルシ調カラーと木目の 浮き出る材質による「見た目の和」をモダンカシューシリーズを開発しました。

開発コンセプト

日本で古くより生活の中に使われてきた塗料が「漆(ウルシ)」。保存性能も高く伝統工芸にも使用されますが、現在では仕上がりの風合いが似た 「カシューウルシ」が代用として多く使われています。BIDOOR(ビドー)では独特の柔和な質感による「手触りの和」やウルシ調カラーと木目の 浮き出る材質による「見た目の和」をモダンカシューシリーズを開発しました。

現代のウルシカラー

BIDOOR(ビドー)は カシューウルシ を採用することで、独特の柔和な質感による手触りを実現しました。 塗装に使われるウレタン塗料に比べて、密着性が非常に高く、剥がれにくい塗料のため、 表面強度の信頼性 も高くなっています(当社比)。 また、カラーラインナップは襖椽(ふち)で多く採用されている「ウルミ」、濃い深みが特徴の「柿渋」、インテリアの刺し彩(いろ)として使用できる 「栗色」の3色展開です。

現代のウルシカラー

BIDOOR(ビドー)は カシューウルシ を採用することで、独特の柔和な質感による手触りを実現しました。 塗装に使われるウレタン塗料に比べて、密着性が非常に高く、剥がれにくい塗料のため、 表面強度の信頼性 も高くなっています(当社比)。 また、カラーラインナップは襖椽(ふち)で多く採用されている「ウルミ」、濃い深みが特徴の「柿渋」、インテリアの刺し彩(いろ)として使用できる 「栗色」の3色展開です。

木質感へのこだわり

漆(ウルシ)は何度も繰り返し塗る 「重ね塗り」 製品が多く、漆本来の風合いと保存性の高さを両立しています。 BIDOOR(ビドー)ではこの重ね塗りの手法を取り入れながら、天然木の素材をそのまま活かす方法を模索。重ね塗りでも木目の凹凸が浮き出て、 かおかつ加工しやすいファイタッシュ材を採用することで、カシューウルシの 独特の手触り感と均一な色彩 、天然木の見た目の風合いなどを実現しています。

木質感へのこだわり

漆(ウルシ)は何度も繰り返し塗る 「重ね塗り」 製品が多く、漆本来の風合いと保存性の高さを両立しています。 BIDOOR(ビドー)ではこの重ね塗りの手法を取り入れながら、天然木の素材をそのまま活かす方法を模索。重ね塗りでも木目の凹凸が浮き出て、 かおかつ加工しやすいファイタッシュ材を採用することで、カシューウルシの 独特の手触り感と均一な色彩 、天然木の見た目の風合いなどを実現しています。

フォルムのこだわり

引手は装飾用途に加えて用具としても使用する製品です。BIDOOR(ビドー)では見た目と使用感の両方から味わいでる製品を目指し、製品形状を再考しました。 外周部全面に面取加工を施し、 見栄えの向上 と共に、使用時の襖椽(ふち)と引手の衝突のリスクを軽減。 現代的で高級感のあるシャープな陰影や、使って心地良く深い手掛り(7mmサイズ)を実現。肉厚のある形状で耐変形性能も格段に向上し(当社比)、見た目にも上品な天然木質の「和テイスト」を目指します。

フォルムのこだわり

引手は装飾用途に加えて用具としても使用する製品です。BIDOOR(ビドー)では見た目と使用感の両方から味わいでる製品を目指し、製品形状を再考しました。 外周部全面に面取加工を施し、 見栄えの向上 と共に、使用時の襖椽(ふち)と引手の衝突のリスクを軽減。 現代的で高級感のあるシャープな陰影や、使って心地良く深い手掛り(7mmサイズ)を実現。肉厚のある形状で耐変形性能も格段に向上し(当社比)、見た目にも上品な天然木質の「和テイスト」を目指します。

cas_logo

シリーズ 製品一覧