50mmの宇宙を扉に

鮮やかなまま永年に色褪せることのない七宝焼き。銀線と色彩を自在に操る七宝作家の繊細で奥深い工芸細工が洋室引戸に上品な「和」を灯します。

irohalogo

50mmの宇宙を扉に

鮮やかなまま永年に色褪せることのない七宝焼き。銀線と色彩を自在に操る七宝作家の繊細で奥深い工芸細工が洋室引戸に上品な「和」を灯します。

irohalogo
irohacon1img1

摩擦に強く色褪せない

「七宝いろは」は七宝焼の手造り金具シリーズです。七宝の絵柄は1000年の色彩と言われるほど摩擦に強く耐久性が高い為、世代を超え鮮やかな発色のまま、形のあるものとして永年に残ります。

有線七宝の繊細な表現

底板のデザインは京都在住の七宝作家によるハンドクラフト細工。リボン状の薄い銀線(貴金属)で模様をつける「有線七宝」により、繊細さや奥深さを実現。間(ま)のある模様によって、洋室と合わせても上品でモダンな調和が可能です。

永年保存のオリジナルを持つ喜び

 

少量生産のオリジナル製作可能

お洒落なイメージを自由にコーディネート

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

摩擦に強く色褪せない

「七宝いろは」は七宝焼の手造り金具シリーズです。七宝の絵柄は1000年の色彩と言われるほど摩擦に強く耐久性が高い為、世代を超え鮮やかな発色のまま、形のあるものとして永年に残ります。

有線七宝の繊細な表現

底板のデザインは京都在住の七宝作家によるハンドクラフト細工。リボン状の薄い銀線(貴金属)で模様をつける「有線七宝」により、繊細さや奥深さを実現。間(ま)のある模様によって、洋室と合わせても上品でモダンな調和が可能です。

永年保存のオリジナルを持つ喜び

少量生産のオリジナル製作可能

お洒落なイメージを自由にコーディネート

PlayPause
Slider

製品ラインナップ

01-10361_M

WS 菊 深丸
ヘアライン

01-10366_M

WS 菊 深角
ヘアライン

01-01410M

FT 松 丸 ヘアライン

01-10363_M

WS 牡丹 深丸
ヘアライン

01-10367_M

WS 藤 深角
ヘアライン

01-01416M

FT 竹 丸 黒

01-10364_M

WS 月下美人 深丸
ヘアライン

01-10368_M

WS 牡丹 深角
ヘアライン

01-01430M

FT 梅 丸 ブロンズ

01-10365_M

WS 銀葉 深丸
ヘアライン

01-10369_M

WS 月下美人 深角
ヘアライン

01-01436M

FT 桜 丸 ホワイト

製品ラインナップ

iroha01-1111 七宝いろは丸 松(ヘアライン)

iroha01-1231 七宝いろは丸 竹(黒)

iroha01-1341 七宝いろは丸 梅(ブロンズ)

iroha01-1421 七宝いろは丸 桜(ホワイト)

開発ストーリー

「有線七宝」の引手具がない

七宝焼の引手具は古来から多く存在しています。
しかし、釉薬の色を主体とした抽象的な柄が多く、繊細なデザインが可能な「有線七宝」を使用した既製品は見当たりませんでした。
「有線七宝」が引手具として多く普及しなかった一つの理由に、労力とコストのつり合いが取れにくいことが考えられます。

開発ストーリー

「有線七宝」の引手具がない

七宝焼の引手具は古来から多く存在しています。
しかし、釉薬の色を主体とした抽象的な柄が多く、繊細なデザインが可能な「有線七宝」を使用した既製品は見当たりませんでした。
「有線七宝」が引手具として多く普及しなかった一つの理由に、労力とコストのつり合いが取れにくいことが考えられます。

なぜ製品化するのか?

七宝焼きは1000年の色彩と言われるほど耐久性が高い為、鮮やかな発色のまま永年に残ります。 しかし、本当の意味で残るとは、使われ続けること。
引手具として永く使われる為には、洋室化する室内インテリアにマッチするような多彩なデザインや色彩と表現力が今後は必要だと感じていました。
やはり、有線七宝を使うしかありません。

なぜ製品化するのか?

七宝焼きは1000年の色彩と言われるほど耐久性が高い為、鮮やかな発色のまま永年に残ります。 しかし、本当の意味で残るとは、使われ続けること。
引手具として永く使われる為には、洋室化する室内インテリアにマッチするような多彩なデザインや色彩と表現力が今後は必要だと感じていました。
やはり、有線七宝を使うしかありません。

どうやって製品化するのか?

試行錯誤の末、従来よりもコストを抑えた既製品とオリジナルデザインを受注販売するという方法で今回のプロジェクトを開始することが出来ました。
オリジナルが少量生産できる純日本製の貴金属製品として、永く使用していただけるシリーズになったと感じております。
様々な努力をしていただいた作家の皆様、その他関係者の皆様に感謝いたします。

どうやって製品化するのか?

試行錯誤の末、従来よりもコストを抑えた既製品とオリジナルデザインを受注販売するという方法で今回のプロジェクトを開始することが出来ました。
オリジナルが少量生産できる純日本製の貴金属製品として、永く使用していただけるシリーズになったと感じております。
様々な努力をしていただいた作家の皆様、その他関係者の皆様に感謝いたします。

七宝いろは3つの質問

Q なぜ七宝いろはシリーズを作ったのですか?

A 永年受け継がれていく「価値の高いオリジナル製品」を作りたいという気持ちが主な動機です。

Q どうすれば手に入れられますか?

A 既製品は 弊社WEB通販サイトか 最寄りの引手具取扱店からご購入頂けます。

Q 今後どのように展開していくのですか?

A 今後は、七宝作家の山本さんの新作デザインの毎年発表を予定しています。

七宝いろは3つの質問

Q なぜ七宝いろはシリーズを作ったのですか?

A 永年受け継がれていく「価値の高いオリジナル製品」を作りたいという気持ちが主な動機です。

Q どうすれば手に入れられますか?

A 既製品は 弊社WEB通販サイトか 最寄りの引手具取扱店からご購入頂けます。

Q 今後どのように展開していくのですか?

A 今後は、七宝作家の山本さんの新作デザインの毎年発表を予定しています。

製品仕様

主な特長

1.摩擦に強く色褪せない永年保存可能な七宝焼を使用
2.七宝作家による有線七宝の繊細な表現が可能
3.既製品以外にオリジナルデザインの少量製作が可能

生産地

日本

材質

底板=純銀(貴金属/軽く弧を描いた凸形)+七宝釉薬
胴=純銅(貴金属)

仕上げ

底仕上げ:有線七宝焼(リボン状の薄い金属線による描画)
胴仕上げ:プライマー(剥離防止)+ツヤケシ焼付塗装(表面保護)
胴カラー:BK=ツヤケシ黒、SL=ホワイトブロンズメッキ
WH=パールホワイト、BR=純銅メッキ

参考サイズ

■丸シリーズ標準寸法
 大: 外寸φ67  裏寸φ61 全高9  表厚2
 中: 外寸φ47  裏寸φ41.5 全高9  表厚2

■深丸シリーズ標準寸法
 外寸φ60  裏寸φ50 全高15  表厚1

■深角シリーズ標準寸法
 外寸60x60  裏寸φ50 全高15  表厚1

※七宝焼き特有の収縮によって多少サイズが異なります。

納期

本シリーズは受注生産品の為、納期の確定はご注文後にお知らせいたします。予めご了承いただきますよう、お願い申し上げます。
■既製品
通常3週間~1か月程度。
■オリジナルデザイン
作成と調整なども含めて65営業日程度/ご注文数量や作家の製作予定、その他の要件によって納期は変更されることがあります。

■オリジナルデザイン制作のステップイメージ

お申込み・制作準備
内容とご要望の確認
オリジナルデザイン作業
オリジナルデザイン草案確認
オリジナルデザイン調整
オリジナルデザイン最終確認
製作開始
納品

1~2営業日
3~5営業日
7~21営業日
22~25営業日
26~37営業日
38~40営業日
40~60営業日
65営業日

ご注意

七宝焼は摩擦に強く、永年使用でも色褪せることはありませんが、強い衝撃を加えると表面が破損する場合があります。長くお使いいただけるよう、取り付け時には必ず胴巻などの「ツメ止め対策」を行うようにしてください。

お手入れ

柔らかい布での乾拭きを推奨します。100倍に薄めた中性洗剤を含んだ布でのふき取りも有効ですが、水分を取り除くため乾拭きを忘れずに行って下さい。
また、ふき取り作業は軽くふき取る程度で強くこすり付けないでください。表面破損の原因になることがあります。

サポート

無償保証

七宝いろはシリーズの底板は無料保証対象です。ただし、胴(手掛部)については対象外となります。
保証期間内で保証の条件に当てはまる場合においては、無料で保証修理を受けられます。

内容

通常使用における底板破損についての補修費用の弊社負担 製品の取り外し、デリバリー、取り付け、その他付帯経費など製品本体に帰属しない費用は保証対象外となります。

対象

七宝いろはシリーズの底板(絵部分)
※胴(手掛部)は無料保証対象外となります。

期間

納品日より2年間(期間外の場合は有料修理可能)

送料

弊社までの返送料はご負担願います。
保証・修理完了後の製品送料(国内)は弊社負担いたします

手順

お客様作業
1:返品フォームかお電話で弊社までご連絡
2:製品のご返送(送料お客様負担)

弊社での作業
1:製品の検査・検証
2:修理内容の確認メール送付
3:修理作業開始
4:修理完了のご連絡
5:納品(送料弊社負担:国内のみ)

有料修理・修繕

 

七宝いろはシリーズの底板は無料保証対象です。ただし、胴(手掛部)については対象外となります。
保証期間内で保証の条件に当てはまる場合においては無料で保証修理を受けられます。

手順

1、返品フォームかお電話で弊社までご連絡
2、製品のご返送(送料お客様負担)
3、製品の検査・検証
4、お見積もりとお支払い
5、修理作業開始
6、修理完了のご連絡
7、納品(送料弊社負担:国内のみ)