previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

開発コンセプト

製品の形状や材質は見た目の「和」を感じる大きな要素です。多くの建築家の「室内の和の表現」には天然木材の使用が欠かせない要件の一つとなっています。さらに、室内用品の中でも、手に触れる取手や引手などは感覚的な優しさも「和テイスト」の一部かもしれません。BIDOOR(ビドー)は材質や手触り感、形状などの要素に着目し、できるだけ合板ではなく無垢材の使用にこだわっています。

開発コンセプト

製品の形状や材質は見た目の「和」を感じる大きな要素です。多くの建築家の「室内の和の表現」には天然木材の使用が欠かせない要件の一つとなっています。さらに、室内用品の中でも、手に触れる取手や引手などは感覚的な優しさも「和テイスト」の一部かもしれません。BIDOOR(ビドー)は材質や手触り感、形状などの要素に着目し、できるだけ合板ではなく無垢材の使用にこだわっています。

材質の「和」

「和の表現」をインテリア設計に取り入れる場合、素材として木材を使うことが多く見られます。最もなじみ深い建材の一つであることや、「日本固有の自然尊重の考え方」に基づいていることが理由として挙げられますが、茶室などの装飾品に天然木が多く使われていたこともあり、 「木製引手」 が襖用に数多く作られてきました。現在では 一つのジャンル として呼ばれるほど、さまざまな木製引手が流通しています。

材質の「和」

「和の表現」をインテリア設計に取り入れる場合、素材として木材を使うことが多く見られます。最もなじみ深い建材の一つであることや、「日本固有の自然尊重の考え方」に基づいていることが理由として挙げられますが、茶室などの装飾品に天然木が多く使われていたこともあり、 「木製引手」 が襖用に数多く作られてきました。現在では 一つのジャンル として呼ばれるほど、さまざまな木製引手が流通しています。

形状の「和」

格子模様などに見られる形状の繰り返しデザインや、書道、華道、石庭などにおけるシンプルで無駄を省いた表現方法は「和」を象徴する 調和デザイン として世界的にも高く評価されています。また、古来の一般的住宅の間仕切り(襖)には金物がなく「丸形の引手穴」が、茶室の襖などでも和紙を張り込んだ「切り引手」が、それぞれ使われており、そこから転じた 「丸形・チリ落し形」 襖引手は伝統的な形状で、同時に手になじむ 「用の美」 としての形状とも言えます。

形状の「和」

格子模様などに見られる形状の繰り返しデザインや、書道、華道、石庭などにおけるシンプルで無駄を省いた表現方法は「和」を象徴する 調和デザイン として世界的にも高く評価されています。また、古来の一般的住宅の間仕切り(襖)には金物がなく「丸形の引手穴」が、茶室の襖などでも和紙を張り込んだ「切り引手」が、それぞれ使われており、そこから転じた 「丸形・チリ落し形」 襖引手は伝統的な形状で、同時に手になじむ 「用の美」 としての形状とも言えます。

ものづくりと手間隙

天然木は素材の自然な美しさを活かせる材質ですが、木目柄や色彩が均一でなく一定の 「揺らぎ」 があります。また、天然木は湿度や気温によって変形が起こりやすく、製品の厚みと 変形強度 には密接な関係があます。昔からものづくりには手間隙がかかるものですが、BIDOOR(ビドー)は大量生産では解決できないこれらの問題を、なんとか最小限にするための努力を続けてまいります。

ものづくりと手間隙

天然木は素材の自然な美しさを活かせる材質ですが、木目柄や色彩が均一でなく一定の 「揺らぎ」 があります。また、天然木は湿度や気温によって変形が起こりやすく、製品の厚みと 変形強度 には密接な関係があます。昔からものづくりには手間隙がかかるものですが、BIDOOR(ビドー)は大量生産では解決できないこれらの問題を、なんとか最小限にするための努力を続けてまいります。

wod_logo

シリーズ 製品一覧